スーパーアミノ酸 シトルリン

シトルリンは体内を巡る遊離アミノ酸の1種。

1930年に日本でスイカから発見された栄養素です。
シトルリンという根衣装は、スイカの学名シトルラス ブルガリクスから命名されたそうです。

シトルリンを豊富に含有していると言われるスイカの原種 カラハリ砂漠の野生スイカ
ワタシ達が知っているスイカは甘くて赤い果実ですが、カラハリ砂漠の野生スイカは甘みもなく小ぶりでみ果実も赤くない。全く別物のようです。
続きはコチラ>>>

シトルリンとアルギニンの違い

シトルリンが含有されることが含有されることが多いのが精力剤。シトルリンと並んでよく配合されているのがアルギニンです。

アルギニン。
聞いたことがある人もいるかもしれませんが、シトルリンとアルギニンの違いについて調べてみました。
続きはコチラ>>>

シトルリンでむくみ解消☆これでむくみ知らず♪♪

顔や足のむくみ。
特に女性にとって、困った悩みに1つです。

夕方になるとふくらはぎがパンパンになったり、靴がキツくなったりして、ヒドい場合には怠さや痛みを感じることもあります。

また、寝起きに顔やまぶたが腫れていたりするのもむくみが原因。
むくみは、どんなときに何が原因で起こるのでしょうか??
続きはコチラ>>>

男性必読☆精力増強・ペニス増大の秘密 シトルリンで勃起確実!?

精力剤の成分として注目されているシトルリン。

精力剤のレギュラー成分でもあるアルギニンよりも効果が高いということと、2007年の食薬区分改正によってサプリメントとしての使用が可能になったことで、多くの精力剤の成分として使用されているのです。

シトルリン=精力増強? その理由はなんなのでしょう??
続きはコチラ>>>

動脈硬化予防に最適!!シトルリンがあなたの血管救います

日本での死因ランキング常に上位にランクインする病気「心筋梗塞」
心筋梗塞を引き起こす原因となるのが、動脈硬化です。

動脈硬化は、年齢や生活習慣などにより、血管の弾力性が失われ硬くなり、動脈内に様々な物質が沈着して血管が狭くなり血液に流れが滞る状態のことをいいます。

動脈硬化が起こると、心臓に負担がかかり、高血圧・心肥大・心不全などの心疾患につながります。
血管が詰まったり、狭くなることで、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症を引き起こし、血管自体も破れやすくなるので、クモ膜下出血のリスクも高まります。
続きはコチラ>>>

シトルリンの基礎知識

 

血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

 

おすすめ シトルリンサプリメントを紹介☆

 

ファミコンは小説