シトルリンの基礎知識

シトルリンの安全性 副作用は心配ない?

シトルリンは元々体内でも合成される遊離アミノ酸の1種なので、基本的にシトルリン自体には副作用はないと言われます。 正確には、シトルリンの副作用によって人体に害を与えたという報告は今のところはないようです。


シトルリンはスイカに多く含まれる成分なので、ウリ科の植物全般に含まれている成分です。
ウリ科の植物にアレルギーが有る場合は症状が出ることもあるようです。


アレルギー以外でも、まれに頭痛やほてり、尿の濁りなどの症状が出ることもあります。


これは、シトルリンの持つ作用がいろんな効果として現れるため、副作用なのか?好転反応なのか??
どちらなのか迷うところでしょう。


シトルリンは血管拡張作用があり血流を促進させます。
血圧や血管に疾患を持っているヒトは、疾患に影響を与えることもあるので医師の判断を仰ぐことをおすすめします。


シトルリンの副作用


副作用の定義は、主作用でない作用のこと。つまり、自分にとって望んでいない作用です。


シトルリンに関していうと、血管拡張・弾力を与えることが主作用でしょう。
それによっておこる頭痛やほてりなどが副作用ということです。


シトルリンを摂取することで起こる代表的な副作用が頭痛。


なぜ、シトルリンで頭痛がおこるのでしょうか??


シトルリンを摂取することで、血管が拡張して膨張します。
膨張した血管は脳を圧迫するため頭痛が起こると考えられます。


頭痛持ちのヒトは、シトルリンの副作用を感じやすいかもしれません。


シトルリンをサプリメントで摂取する場合は、用法・用量をしっかりと守りましょう。
摂取量に制限はないようですが目安量は800mgだそうです。


身体に良い成分とは言え、過剰摂取は副作用を強めることにもなるようですので注意しましょう。


関連記事
スーパーアミノ酸 シトルリン
シトルリンが多く含まれる食品
血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果


←前の記事 スーパーアミノ酸 シトルリン



シトルリンの基礎知識

 

血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

 

おすすめ シトルリンサプリメントを紹介☆

 

ファミコンは小説