血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

女性の大敵 冷え症・血行不良も緩和

・手がいつも冷たい ・夏でも足が冷えている など、冷え症の女性はとても多く2人に1人は冷え症なんだそうです。


「冷えは万病のもと」と言われるように体温が1度下がると免疫力は30%、代謝は12%から20%低下するといいます。肩こりや頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不妊も冷えが原因の1つと言われるほど、様々な病気や症状を引き起こすのです。


東洋医学では冷えは病気の1つ。
手足の冷えは血液の循環が悪い「瘀血(おけつ)」から起こると考えられています。


一方、西洋医学は自律神経の失調などによって引き起こされると考えられています。
血管の収縮や拡張を司る自律神経が乱れることで、血液循環が悪くなり冷えが起こるのです。


冷えの種類


冷えにも種類があります。


筋肉量が少なかったりや運動不足のひとがなりやすい「筋肉不足の冷え」
ファッションを重視しずぎれ身体が冷えてしまっている「薄着冷え」
肩こり・クマ・頭痛がヒドい「血行不良冷え」
常に足先が冷たい、寝る時の電気毛布と靴下は必須「末端冷え」
脇の下よりお腹が冷えている、平熱が36度以下「内臓冷え」


それぞれ冷えを感じる場所が違ったり、効果が期待出来る方法にも違いがあります。


筋肉不足による冷えは運動が効果的ですし、末端の冷えには半身浴や温冷法、内臓の冷えには白湯というように、冷えの場所や原因が異なるため改善方法も多少の違いがあるのです。


シトルリンが冷えに効果が特に期待できるのは、末端の冷えと血行不良の冷えに対してです。


シトルリンは血管拡張作用があるので、血管を広げることで血流がよくなり血液量も増え、末端の血管にまで循環することができるので、冷え性改善・緩和に効果が期待できると言えるのです。


関連記事
スーパーアミノ酸 シトルリン
シトルリンの安全性 副作用は心配ない?
シトルリンとアルギニンの違い


←前の記事 シトルリンでむくみ解消☆これでむくみ知らず♪♪



シトルリンの基礎知識

 

血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

 

おすすめ シトルリンサプリメントを紹介☆

 

ファミコンは小説