血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

スポーツに欠かせない成分 シトルリン 筋肉増強と疲労回復効果

海外のアスリートにとって、シトルリンはとても一般的な栄養素として利用されてきています。


シトルリンは、運動時に発生する疲労物質の乳酸やアンモニアを除去する働きをもっており、運動後の筋肉痛の抑制、疲労を軽減、運動パフォーマンスの向上に関係があるとされています。


疲労回復効果

運動をするためのエネルギーを産生するためにできた疲労物質の乳酸やアンモニアを、シトルリンは肝臓で尿素へと分解し、老廃物として体外へ排出させる働きをしています。


日本ではあまり認知度が高くないかもしれませんが、アスリートの間では疲労回復のためにシトルリンを使用することは広く知られているようです。


シトルリンは飲むタイミングで、発揮する効果に違いがあります。


まず、運動前に摂取した場合は、脂肪燃焼を促進、筋肉の損傷を妨げてくれます。
運動後に摂取した場合は、疲労感を軽減、筋肉の修復を助ける働きをしてリカバリーを早めてくれます。


そして、就寝前なら、成長ホルモンの分泌を促進して筋肉増強に役立つなど、飲むタイミングを変えるだけで得られる効果も違うのです。


シトルリンで筋肉増強

スポーツ選手の疲労回復・筋肉増強の為のサプリメントとしても使用されているシトルリンですが、薬物の使用を厳しく禁止されているドーピング検査でも引っかかることはありません。


その理由は、シトルリンが直接的に運動能力や筋肉に対して効果を与えるのではなく、NO(一酸化窒素)によって血管を広げることで様々なメリットが得られるからということ、そしてワタシ達の体内に存在する成分でもあるので、ドーピングの心配がない成分としてアスリートから愛用される成分なのです。


成長ホルモンは、身体の成長を促進するホルモンで、子どもの身長をのばす、骨を伸ばす、筋肉を強くするだけでなく、バストアップ効果など組織の成長を促す働きと、肌のターンオーバーや脳の疲労回復、、病気への免疫力など代謝のコントロールの2つの働きを持っています。


成長ホルモンは就寝時に多く分泌されます。
特にゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から2時の間に最も多く分泌されていると言います。


このホルモンが分泌されるのは、就寝してから約1時間から2時間後、ノンレム睡眠時に活発に分泌されます。
最低でも11時には就寝しないと十分なホルモン分泌がされないのです。


シトルリンで筋肉を増強させたいなら、就寝前に摂取して遅くても11時頃には就寝するように心がけるといいかもしれませんね。


疲労回復・筋肉増強系☆おすすめシトルリンサプリメントはコチラ>>>



関連記事
スーパーアミノ酸 シトルリン
シトルリンの安全性 副作用は心配ない?
シトルリンとアルギニンの違い
シトルリン・アルギニン・トリプル効果のアミノ酸サプリ【アミノフライト】


←前の記事 女性の大敵 冷え症・血行不良も緩和



シトルリンの基礎知識

 

血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

 

おすすめ シトルリンサプリメントを紹介☆

 

ファミコンは小説