血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

動脈硬化予防に最適!!シトルリンがあなたの血管救います

日本での死因ランキング常に上位にランクインする病気「心筋梗塞」 心筋梗塞を引き起こす原因となるのが動脈硬化です。


動脈硬化は、年齢や生活習慣などにより、血管の弾力性が失われ硬くなり、動脈内に様々な物質が沈着して血管が狭くなり血液に流れが滞る状態のことをいいます。


動脈硬化が起こると、心臓に負担がかかり、高血圧・心肥大・心不全などの心疾患につながります。
血管が詰まったり、狭くなることで、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症を引き起こし、血管自体も破れやすくなるので、クモ膜下出血のリスクも高まります。


動脈硬化の危険性


動脈硬化の最大の危険因子は老化です。
男性は45歳以上・女性は閉経後にグンッとリスクが高まります。


年齢以外の危険因子は生活習慣によるものです。
高コレステロール血症
低HDL血症
高血圧
喫煙
肥満
運動不足
 など、食事・運動・嗜好品などから起こる疾患や症状が原因になるのです。


動脈硬化という病気は、はっきりとした初期症状がほとんどないため、早期発見が難しいという恐ろしい病気の1つ。
何かしらの症状を感じた時には進行してしまっているのです・・・


動脈硬化の早期発見は、定期検診・適期的に体重測定や血圧測定をすることが大切です。
加齢とともに進行していくので、若いうちから予防していくことも重要だといいます。


動脈硬化を予防するために


予防するためには、血管のアンチエイジングが効果的です。


血管が老化することで動脈硬化のリスクが高まるので、血管に弾力性を与え丈夫にしておくことが1番の予防法になるのです。


血管を若返られるために有効と言われるのがシトルリンです。


血管内で一酸化窒素を生成して血管を拡げ、弾力性・強度高め、血液循環をよくして全身の隅々まで行き渡らせることで動脈硬化を予防することが出来るのです。


つまり、シトルリンは血管の救世主的存在ともいえると思います。


関連記事
スーパーアミノ酸 シトルリン
シトルリンの安全性 副作用は心配ない?
シトルリンとアルギニンの違い
もともとは医薬成分のシトルリン サプリに使用できるようになった理由


←前の記事 男性必読☆精力増強・ペニス増大の秘密 シトルリンで勃起確実!?



シトルリンの基礎知識

 

血管の健康サポーター シトルリンの様々な効果

 

おすすめ シトルリンサプリメントを紹介☆

 

ファミコンは小説